活性酸素といえば、老化や様々な生活習慣病の原因として悪影響を与えるものといわれていますが、本来の活性酸素は人間の体にとって必要な物質です。

体内に侵入してきた最近などを退治するために、白血球から放出されるのが活性酸素で、殺菌・消毒などの役割を持っています。

しかし、体内の不飽和脂肪酸と結びつき、人間の体を酸化させてしまうのも事実。本来、体内には活性酸素を除去する酵素が存在します。

しかしながら、これらの活性酸素除去酵素というのは20歳前後をピークに減少していきます。

人間の老化は、活性酸素除去酵素の生成が減少していくことからはじまるのですね。

活性酸素の除去については、ビタミンC、E、β-カロテン、ポリフェノールなどを積極的に摂取することで改善されるという報告もあります。

カテゴリー: 活性酸素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です