人間の永遠のテーマとも言える「老化」という減少。

その老化に深い関わりがあるとされる活性酸素ですが、活性酸素は生活習慣病や重大疾病の引き金にもなりかねない恐ろしいものです。

活性酸素の測定方法についてですが、活性酸素の一種とされる02-をルミノール、ルシゲニンルなどで発行させ、ルミノメーターと呼ばれるものでその発光量を測定します。

活性酸素を測定することによって、活性酸素の働きを阻害して老化を防ぐ抗酸化物質の働きや、食物の抗酸化評価実験などにも活用することができます。

活性酸素に打ち勝つための物質は本来体内で生成されるのですが、加齢とともに生成量が減少してしまうのが現実で、活性酸素の発生メカニズムの研究を進めることによって、新たな可能性が見えてくるかもしれません。

カテゴリー: 活性酸素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です