様々な生活習慣病を引き起こし、ガン細胞の突然変異にまで関連があるとされる活性酸素。

人間は運動し、呼吸することで大量の酸素を体内に取り込みます。

その結果、活性酸素が作り出されることになります。

ですから、酸素を多く吸入するとその分活性酸素が多く作り出され、寿命が短くなるといわれています。

スポーツ選手など、運動量の多い人で長寿の人がいないのは、このような理由がその背景にあるようです。

特に過激なスポーツの場合、活性酵素作用のために細胞の衰えが早いそうです。

スポーツ選手の場合、プレッシャーなどによるストレスも少なくありません。

精神的ストレスも活性酸素を生み出す原因の一つです。

ですから、スポーツ選手は一般の人以上に活性酸素の働きを中和してくれるビタミンやミネラルを積極的に摂取しなければなりません。

カテゴリー: 活性酸素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です