活性酸素と老化について、人間だけでなく、殆どの生物は酸素を使って栄養分を分解、エネルギーを生み出しています。

エネルギーを生み出すためには酸素が必要なのですが、酸素に触れたものは必ず酸化していきます。

皮を剥いたリンゴをしばらく置いておくと、表面が茶色くなってくるのは酸素に触れて酸化されたからです。

活性酸素と老化については関連性があると言われており、活性酸素によって体の酸化が進むことは、そのまま老化にも結びつきます。

活性酸素は老化だけでなく、様々な生活習慣病や、また重大疾病の引き金になると言われていますから、その除去方法も考えたいものですね。

活性酸素を除去することによって、年齢を重ねても若々しく生活できるのだとしたら理想的です。

カテゴリー: 活性酸素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です