最近の虫歯の治療について

虫歯の治療は、その言葉を聞いただけでも痛みを思い出すほど嫌なイメージを持っている方も少なくはありません。
実際に以前の治療では痛みを伴うのは当たり前でしたし、麻酔を使う機会はそれほど多くはありませんでした。


特に子供の場合、歯を抜く時くらいしか麻酔を使わないことも多くありました。

通常の虫歯治療で痛みを訴えても麻酔を使用することなく、我慢をさせてそのまま続行させていたことも多くありました。



ですが今ではこのようなクリニックは患者が好まなくなり無くなってきています。

たくさんの歯科医ができたため、より親切で痛みのない治療をしてくれるクリニックへ患者が行くようになりました。その結果痛みを感じるものはほとんど無くなり、少しでも違和感を感じることになるとすぐに麻酔を使って対応する歯科医も多くなっています。


そのため今の子供達に歯科のイメージをきいても、以前とは反応が違うものとなってきています。



歯を抜いた際にもその後の痛み止めも多めに処方してくれるクリニックは多いですし、何よりも患者が通うのを辞めてしまわないように工夫をしていることも多くあります。
子供への配慮は必要と考えるのは当然ですが、誰もが痛みや苦しみを連想しないような建物としているクリニックも少なくありません。

また虫歯治療だけでなく、定期的な検診としても利用してもらおうという工夫も見られています。


今では虫歯を事前に防ぐアドバイスもしてもらえるようになっています。